2017年4月11日火曜日

朝鮮半島有事

韓国と北朝鮮は休戦中である。三十八度線は国境ではなく、休戦ラインに過ぎない――。





中学生の頃に初めて知った海の向こうのその現実は、日本の知識人によって、ことあるごとに「朝鮮半島有事」と結びつけられてきました。





しかし、「朝鮮半島で何かが起こった場合」という想定は、If something were to happenIf something should happenといったまさに「万一のあり得ない現実」を表す英語の仮定法の世界であり、空想の世界の話に過ぎませんでした。それは単なる「可能性」であり、「蓋然性」ではなかったのです。





夏目漱石は自分の講義中に生徒から「可能性」と「蓋然性」の意味の違いを尋ねられて、「私がこの教壇で逆立ちする『可能性』はあるが、『蓋然性』はない」と答えました。まさに今の「朝鮮半島有事」は「可能性」から「蓋然性」にシフトしつつあります。





現在、アメリカは原子力空母カール・ビンソンを朝鮮半島近海に派遣していると報じられています。空母は海上基地として空爆の起点となるため、北朝鮮にとっては相当な圧力となるのは間違いありません。






そもそも、アメリカには退く理由がありません。放っておけば、北朝鮮がアメリカに届く核爆弾を開発するのは時間の問題であり、アメリカの国益を損なう国家だからです。






アメリカ・ファーストを掲げるトランプ大統領にとって、核開発を進める北朝鮮を排除することは、アメリカの国益を守ることと同じです。






大統領選挙の際は長年アメリカが負ってきた警察国家の役割を放棄すると訴えていましたが、ここへきて政策転換したのは明らかです。裏返せば、世界の紛争地域に積極的に介入して、アメリカの国益を守るというスタンスにシフトしたとも言えます。







シリアの空爆でアメリカはロシアを刺激しました。ロシアを敵に回してまで、北朝鮮に対する警告を入念に行っているとも考えられます。今のアメリカにとって、北朝鮮に対する軍事行動の示唆はブラフではなく、「ロシアを敵に回しても構わない覚悟」を持っているとも言えるでしょう。







ましてシリアの空爆をアメリカ国民の半数以上は支持しています。それも追い風になるでしょう。自国に向けた核爆弾を開発していると公言している国に対して軍事行動を行ったとしても、アメリカ国民は余程のことがない限りシリア以上に支持するはずです。






北朝鮮が核開発放棄を宣言すれば、一時的にせよ、軍事行動は回避されます。他方、アメリカは水面下で「有事回避」のウルトラCを探っているでしょう。







現実となる「朝鮮半島有事」は、世界経済を巻き込んだ一層不安定な世界を生み出すかもしれません。






今、多くの「現実候補」が先を競って「世界史という現実の舞台」に上がろうとしています。最後にその舞台に上る「現実」はどんな現実なのでしょうか。







#102017.4.11











0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。